最近血液検査をしたのだが血糖値が150以上だったので、糖尿病が心配だ何か対策を。

健康診断などで測定する血糖値は空腹時血糖値であってこれが正常であっても
食後に140mg/dL以上に上昇していることもあります。
食後血糖値が上昇すると細胞から有害な活性酸素が発生して最終的には
動脈硬化を進行させます。その結果、血管壁が破れたり、詰まったりするわけなのです


対策1

血糖値を下げるための食事、生活習慣
食後の血糖値の上昇を防ぐために、糖質がゆっくり吸収される
食材を選ぶ必要がありますね。
その食材を選ぶときに使用する、
血糖値の上がり方を表す値をGI値といいます。GI値が低い食材を
選んでいくわけです。

GI値が低い食材には、魚介類、豆類、野菜類、海藻類がありす。
麺類もうどんより蕎麦のほうがGI値が低いデス、
全粒粉を使ったパンやパスタも低いで
す。

GI値55以下の食材を選ぶとよいでしょう。


対策2


血糖値の上昇を穏やかにする
血糖値を下げる食事+aに
難消化デキストリンを摂る

難消化性デキストリンが糖の吸収を
穏やかにする働きをするので血糖値の
急激な上昇を抑えてくれるのが、


ヘルスマネージ

大麦若葉青汁 難消化デキストリン という製品です

わしのマークでお馴染みの大正製薬の
発売なので安心感がありますね。

血糖値を穏やかにするだけではなく、食物繊維をはじめ、ビタミン、
ミネラルなど不足しがちな栄養が補えます。

さらに、抹茶配合ですので、飲みやすく、美味しく飲めるので
毎日続けられます。

下のurlから公式サイトへどうぞ

www.taisho-direct.jp/simages/ad/hm/HG_cs_af.html




ご注意
 
 
血糖値は高い値だけに注意しがちですが、低すぎないこともだいじです。
血糖値が70mg/dL以下だと交感神経が刺激されるような症状が出てきます。
動機冷や汗、手の指が震えたり気分が悪くなったりします。50mg/dL以下だと
もっと危険な状態になりますので、血糖値が低い場合も非常に注意が必要です。

インシュリン注射などの治療を行っている人の場合
勝手にインシュリンの量を調節したり注射を辞めたりすると
低血糖になる恐れがありますので必ず医師の相談を受けることが重要です




contentImg06.png

contentImg05.png

contentImg08.png

詳しくはこちら







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント