マタニティーのための心と体のケア 、妊娠線予防 精神的安定感

妊娠線を予防してアロマで心の安定を得て美しいマタニティー生活を送る 

妊娠生活を快適に送るための知識、情報、 アイテムとは?

たとえば、妊娠線は防げるのか、いつごろから出てくるのか、一般的には

妊娠5か月ごろのおなかが大きくなってくるころからですが、予防はもっと早くからやっておくほうが良い

でしょう。そのための、オイルやクリームなどを妊娠線が出来そうなところに

ぬっておくマッサージしながら塗り込んだりとか妊娠線が出来る場所はおなか、お尻、太もも、バスト

二の腕、など。個人差はありますができない人もいるそうです。

なにかと気になる事も多いのでは、と思います。そこで本屋さんに行くと 「初めての妊娠」 とか

「初めての出産」とか言う本が沢山出ていますし、ネットで調べれば、もっと簡単に、妊娠、出産に

ついての情報はいくらでも見ることが出来ます。分かりやすいのは妊娠初期,妊娠中期、妊娠後期というように

妊娠の時期を区切って説明している情報サイトなどもあります。それも専門のお医者さんが丁寧に

述べたもの、または実際に経験した妊婦さんたちの話を集めた物もネットでいくらでも見れますので

そういうのをしっかり見て、知識を入手しておく、例えば次のような情報はどうでしょうか?


妊娠初期にはどんなことに気を付けるとよいでしょうか?

妊娠初期  というのは妊娠が判明した時期妊娠2か月ごろから胎盤が出来上がる

妊娠15週目妊娠4か月の終わりの週までをいいます。

吐き気などの妊娠の兆候が表れるのは個人差はありますが妊娠5~6週ぐらいからといわれていますが

中には俗にいう妊娠超初期 に当たる生理予定日前に「妊娠したかも」などと体の変化を感じる人もいます。

妊娠した場合ホルモンの影響により、吐き気や嘔吐などの症状があらわれることがあります。

これが「つわり」です。つわりは一般的に出産経験のある人よりも初めて出産を迎える初産婦に多くみられる

傾向があります。 つわりと思われる症状が出始めるのは妊娠5~6週頃が一般的ですが、

個人差があり中には 生理予定日前のいわゆる「妊娠超初期」 に何らかの兆候を

感じる人もいます。妊娠超初期の時期は、生理予定日前でもありますから妊娠を月経前症候群

(PMS)との違いに迷う
こともあるようです。


 

妊娠初期の主な症状

吐き気
眠気
全身の倦怠感
頭痛
唾液の増加
食欲不振
食べ物の好みがかわる


それ以外にも着床時に出血がある、微熱が出る気分が落ち込む、イライラ、便秘、下痢
肌荒れ、腰痛、お腹のハリという症状
がみられることも多いが個人差も大きいのが特徴です。

妊娠の症状とPMSとはどう違うのか?
排卵から生理予定日までの期間は妊娠しているかどうかとても気になるものです。
妊娠していても妊娠検査薬の反応が出にくい期間なので、「いつもと違うこの症状は
PMS(生理前症候群)?それとも妊娠の兆候なの?」
とドキドキする人も多いかと思いますが
妊娠の兆候とPMSこの違いはどうなのでしょうか?

では、妊娠の兆候をざっくりとご説明してみましょう。
 基礎体温が高い時期が2週間以上続く
妊娠の継続に必要な黄体ホルモンの分泌による

 乳房が張ったり、乳首が敏感になってチクチク痛みを感じたりする。
・ 睡眠は十分とっていても眠気がする
・ 風の初期状態に似ただるさや熱っぽさを感じる。

 イライラしたり落ち込み安くなる
・ 頻尿や便秘になる, 子宮が大きくなるに連れ膀胱が圧迫されるため
  と妊娠初期には体内の水分が増加し始めるのも頻尿の原因になります。
  またホルモンの分泌が増えて腸の動きが鈍くなって便秘になることもあります。

 吐き気や嘔吐などの 「つわり」 の症状がある。

これ以外にも少量の出血を見ることもあります。






PMS(生理前症候群) の特徴、原因は?

PMS (Pre Menstrual Syndrome)  は生理前症候群のことで生理前に起こる
精神的・身体的症状の総称です。


おもな症状として、イライラ、集中力が低下して眠くなったり、
憂鬱になったりするなどの精神的症状があります。


また、頭痛、腰痛、腹痛,胸の張り、むくみなどの身体的症状を伴うこともあります。
症状は3日~10日間続き、生理が始まると症状が軽くなって消えたりします

原因についてですが、はっきりとは分かっていませんが女性ホルモンのエストロゲン、
とプロゲステロン(黄体ホルモン) の影響と考えられています

この2つのホルモンが排卵から月経までの期間多く分泌されていますが
月経が近づく時期に急激に低下します。
この時、脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことがPMSの一因
とされていますがストレスなども症状悪化の原因と言われています。
以上はPMSの症状と原因についてでした。
マイナビウーマン参照(産婦人科、26)、(ドクター監修記事454)、(PMS・生理前症候群4)より


妊娠初期は妊婦さんが気を付けなければいけないことは,たくさんあります。
 飲酒と喫煙
・ 生肉、ナチュラルチーズ、等にはトキソプラズマ、ナチュラルチーズにはリステリア菌
 カフェインも多くとると生れてくる赤ちゃんの低体重や将来の健康リスクが高まるとの見解もあります。
・ ペットや庭いじりには要注意
  母体や胎児に影響を及ぼすトキソプラズマは、猫の糞便や土の中にもふくまれていることもあります。
・ 摂取 する ビタミンもとらなくてはいけないものもあります。葉酸は不足すると二分脊椎などの神経管閉塞障害
  のリスクを高めます。  葉酸はサプリメントを使ってでも摂ることをお勧めします。またビタミンAの
  過剰摂取は胎児の先天異常リスクを高める
ことが報告されています。レバーなどビタミンAを多く含む
  食品は摂りすぎないよう気を付けましょう。
・ 放射線検査を受ける場合は、妊娠中であることをつたえる。 ・薬の服用は医師に相談
・ 妊娠中のセックスは基本的に問題なし、でもあまり激しくはしない方が、また感染症には気を付けてコンドーム
  使用を。
・ 予防接種はできないものもある
・ 歯の治療 痛み止めの薬などが処方されることがあります。その場合も妊娠中であることを伝えましょう。、
 マイナビウーマン ドクター監修記事(454)参照






イボールアロマストレッチマーククリームは

気になる妊娠線と妊娠中の心の

不安定
をアロマによってて改善することのできる

クリームです。




リッラックス効果のあるマタニティーアロマで心地よく

過ごせるように、EVOLアルマストレッチマーククリームは妊娠線の

予防だけではなく、リラックス効果があるといわれている

アロマを配合、ママの心にゆとりとリラックスをもたらします。


asmc_pc_10.jpg

asmc_pc_6.jpg


asmc_pc_12.jpg


asmc_pc_13.jpg



ご購入はこちら





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント