ASHADAシリーズ、乳液、モイスチュアミルク、エイジングケア

ASHADA アスハダ、モイスチュアミルク

奇跡の新世代エイジングケア

うるおい続く 「もっちり美肌」 へ!

うるおいベールで栄養をとじこめ

肌を外部の刺激から守る。



その効果の秘密を調べてみましょう。

素材のひとつに、ホホバ種子油 というものが有りましたので、

これに焦点を当ててみました。




ホホバオイルの特徴

過酷な砂漠地域で水分を 保持できる植物

酸化安定性が良い

低温で固体化するワックス

驚異のワックスエステル含有量


皮脂バランス調整作用がある脂性肌には皮脂を抑制し、反対に乾燥肌には
皮脂分泌を促進できる

長鎖脂肪酸と長鎖の脂肪族アルコールからなるエステルであること。
これが私たちの角質層にも20~30%含まれているため
とてもなじみやすく、浸透しやすくなっています。

セルライトや妊娠線の予防にも効果的であること、皮膚を柔らかく
保つためマッサージにも使われています。

殺菌作用が優れているためクレンジングなどに使用することで
ニキビや吹き出物を抑える効果がある。

医療機関でも多く使われていて皮膚炎やアトピーに使われると
言われています炎症や痒みを抑える効果があるためです。

保湿やハリや弾力をもたらす作用もアンチエイジング
へと導く結果となります。

ホホバオイルは高い抗酸化作用を持っているためシミやしわを防い
でくれ、新陳代謝を高めます。


過酷な環境で生き続けるホホバは、
紫外線や乾燥からのバリア機能がとても高いので日焼けを抑え、
日焼け後の炎症を抑える機能も備えているのです。

抜け毛など頭皮のトラブルに抜群の効果を発揮します。
皮膚からの浸透が速いのでヘッドマッサージに使用すると毛穴の汚れを

取り皮脂分泌のバランスを正常に保つのにとても役立ちます。
頭皮を柔らかく保ち、抜け毛、フケ、痒み、などの症状に効果的です。


ホホバオイルの使い方として


髪と頭皮のケア

クレンジング

化粧水やクリーム

日焼け止め

マッサージオイ、などでも、優れた機能を発揮します。

ホホバオイルは、単品でも非常に優れた肌を作る基礎化粧品の
機能を有していると言えます。



section_07 (1)
section_09.png
詳しくはこちら



ASHADA、アスハダ、モイスチャーモイスチャーミルク、の成分の中に 「スクワラン」 と言う成分があります。
スクワランとは、アイザメなど深海鮫の肝油の中に多く存在する。
 「スクワレン」 という成分に水素を添加して安定化したものです。

スクワランは鮫由来のものが有名ですがスクワレンは人の皮脂中にも存在している潤い成分です。
オリーブは地球上で深海鮫に次いでスクワレンを多く含有していますがオリーブ中のスクワレン量は
やく0,01%
と言われており、希少な成分です。オリーブのスクワレンは科学的な構造や機能は
鮫由来のものと同
じで、味やにおいはほとんどなく透明な液状な油です。

スクワレン、スクエアランは人の人の皮脂幕を作るのに欠かせない成分です。
人の皮脂に含まれ肌のうるおいを守る保湿効果をはじめ、肌を柔らかく保つエモリエント効果、
バリア機能を高める働きなど、肌を健やかに保つために大切な働きをしています

ところが、皮脂量は年齢とともに減少していきます。

それに伴って「スクワレン」、「スクワラン」
の量も減少していきます。特に女性の場合は25歳頃を境に減っていくと言われています。
スクワレン、スクワランの減少は乾燥を招くだけではなく、皮脂幕のバランスが崩れ
紫外線やホコリなどの刺激の影響を受けやすくなり、しわやシミができやすくなります

毎日のスキンケアで肌にスクワランを補っていくことが大切なこととなります。
以上、スクワレン、スクワランのご紹介でした。


詳しくはこちら


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント